つるつるツーリングMTG
〜さぬきUDON遍路 レトロ篇〜
PAGE 2
山 鹿
次にやって来たのは
高松の飲み屋街のど真ん中にあるうどん店、山鹿(やましか)

夜になれば、酔客でにぎわうだろう通りのビルの5階にあります。
すぐ近くには、トモさん曰くオカマバーだという「夜の動物園」などもあり〜
いかがわしい匂いがプンプン!うれしゅおますわ〜(爆)

これまた、いかがわしい雰囲気のエレベーターに乗ってお店を目指します(笑)
深夜の酔客ならいざ知らず
真昼間に素面で、このエレベーターに乗れる人は。。
常連さんか、ワタシのような酔狂者に限られてくるでしょう(笑)

真面目なメロンパパさんなどは、
あまりのいかがわしさに、一度は引き返したといいいますから(爆)

最上階の5階まで上ってみると、
けっこう視界が広く。。
こんな景色を眺めることができました♪

こんな高いところにあるUDON屋さんに来たのは
初めてかも(爆)
物珍しげにワイワイ騒いでいたら
中から女将さんが出て来ました(^^;)

あら、かわいいワンちゃんね〜と
お褒めの言葉もいただきましたので(笑)
さっそく、中に入ってみることにいたしましょう(^^)
ランちゃんは
またしても、お店の外で「待機」です(^^;)

しかし、いつでもどこでも
おとなしく待てるランちゃんは
本当に立派なワンコですね〜(^^)
彼女あっての「麺道楽」です。。m(_ _)m
店に入り
いきなり目に飛び込んできたのは、
どう見ても、うどん屋には不似合いなソファー席!
ここは、ピンサロか!?と、
思いっきり怪しい雰囲気に、ドギマギワクワク(爆)
しかし残念ながら
若いオネエチャンはおりません!
先ほどのおばちゃんが
一心不乱にうどんを茹でておるばかり(爆)

たぶん、以前あったスナックを
「居抜き」で借りて営業されてるんでしょうな。。

でも、広く取られた窓からの視界もよく
とても面白いロケーションのお店です(^^)
こういうディープなお店を
目ざとい放送局のディレクターが
見逃すはずもありません(笑)

有名タレントのmisonoなども来店して、
テレビでも紹介されたそうです(^^)

というか。。40年以上続く老舗店。
かつては、森繁久弥なども来店したりとか
有名人は数限りなく来てて、
そのサイン色紙もたくさんありすぎて
飾る場所がないほどとか。


生醤油うどん(冷)

それもそのはず、ここはただディープな雰囲気だけが
ウリな店ではないですからね(^^)

ここは、UDON作りのすべての行程を
お亡くなりになった先代のご主人(旦那さん)のご遺志を継いで
まったく機械を使わず、すべて手作業で行ってるというお店なのです。

もちろん、麺を切るのも包丁切り。
故に、ばらつきはあるけど、がっしりした噛みしめるほどに味わいのある太麺です。
やや熟成が足りないのか?もっちりした弾力のある「コシ」は、あまりありませんが
その食感は、他ではまず味わえないだろうほどの「力強さ」があります。
都会(高松)的な繊細な今どきのうどんを期待したら裏切られますが
それ以上に、非常にインパクトのある魅力的なUDONでした。

生醤油も、独自にブレンドしています。
塩辛すぎることなく、マイルドで
普通の生醤油うどんに慣れた舌には、物足りなく感じるほど。
でもその方が、自明なことですが、UDONの味はよく分ります(^^)




トモさんの注文した「かやくうどん」




サービスで、温かい(釜揚げ)の生醤油うどんも出してくれました♪
こちらは、もっちりずるずる♪
ここのUDONは、この温かい釜揚げですすった方が
その良さがよく分かるかも知れません。最高でした!


正 家
次に訪ねたのは、同じく高松の中心街でもオフィス街にあるお店。
前回高松に来たときに訪問して、絶賛した「のぶや」と同じく
綾川町の名店「はゆか」で!修行された方がご主人を務める「ぶっかけ専門店」です(^^)

ここからは、所用があって帰られたトモさんに代わって
メロンパパさんがお付き合いして下さいました(^^)v


店内禁煙の
清潔な雰囲気のセルフ店です。

お昼時少し前でしたが
中心街にあっても適度な客の入りようで、
行列に並ぶこともなく助かりましたね(^^)

敢えて偉そうな言い方をさせてもらいますが、、
UDONのレベルから言って。。
けっこう「穴場」な店だと思います(^^)
「はゆか」もそうでしたが
さすがそこで修行されたご亭主のお人柄なのか
スタッフの応対も含め
セルフ店ながらとても家庭的な
親しみやすい雰囲気で。。
良質なホスピタリティを持ったお店ですね(^^)
ランちゃんは
ここでもお店の外で待機(^^;)

今度は店の前に止めたクルマの中で
おとなしく待ってます(^^)

ワタシたちは、カウンターの窓ガラス越しに
そんなランちゃんを見守りながらの
UDON道楽♪


ぶっかけ(冷)(薄口)

麺は、普通。
「はゆか」のそれから比べると、残念。。と感じてしまったレベル。
全体に、しなやかさがない。単調な固さで、味わいがない。
しかし、だし汁は素晴しい。
ぶっかけのだし汁で、この店以上のものは、出会った記憶がないくらいだ。

この店のぶっかけだし汁は、濃口、薄口と選べるそうだが
それも、「はゆか」方式かな?(^^)
ワタシは、薄口を選択したが
すっきりと、しかし深みのある、その上質なだし汁には感動した。
最後店を出る時に、ご主人にそのことはしっかり伝えて褒めておいたけど(^^)

はゆか→のぶや、正家
この系列は、これからも、要注目だね!