つるつるツーリングMTG
〜さぬきUDON遍路 爆走篇〜
手打うどん 家康
坂出UDON遍路の後半は
郊外型の店から市街地へと移ってまいりました。

ここは、NTT四国や坂出市役所が、すぐ向かいにあるという
オフィス街のど真ん中にあるお店。
到着したのが11時半くらいだったから
そのランチタイムと重ならなかったからいいけど
そうでなかったら、行列覚悟の店だったかもしれません(^^;)

ここも、愛媛から来たんだと言って
店内の写真を撮らせてもらいました(^^)

地元の店では、なかなか恥ずかしくて
出来ないことですが、
旅先では、開き直れるというか。。
滅多に来れないと思うと、腹も据わります(爆)
実際後で見ると、いい思い出になってますしね♪
セルフ店のサイドメニューとしては
揚げ物類だけでなく
こういう小鉢もの(お惣菜)も豊富でしたね。

オフィス街の勤め人に
バランスよく栄養を取ってもらいたいという
ご主人の配慮でしょうか(^^)
もうしばらくしたら。。
サラリーマンたちで埋まりそうなテーブル席で
いただきます♪


名物メニューの「かえしうどん」

そばつゆに似た「かえし」を使った「ぶっかけうどん」
見かけは、真っ黒で辛そうだが
味は極めてマイルド♪

麺もキメの細かい細麺で、かつしっかりコシもあり、
この「かえし」をしっかり纏って良いバランス。
讃岐では一般的な「しょうが」の代わりに添えられた「ワサビ」も
ぶっかけ蕎麦を連想させて面白く、また合ってます(^^)



木田酒店



本日最後の訪問店は、酒屋!
最後に、ここで一杯飲もうってこと?(爆)
いえいえ、ここも立派な「UDON屋さん」なのです!
恐るべし!讃岐うどん!(爆)

店内に入ると、紛れもなくUDON屋さんですが、
なんかアットホームなご近所の社交場的な雰囲気もあって
いい感じです(^^)

UDON屋さんらしく
サイドメニューの揚げ物類も少々♪
ワタシたちは、もう食べれませんけどね(爆)
もちろん、ちゃんとお酒も売ってます(爆)
ここは、昔々の元々は
「醤油の醸造元」だったそうで。。
酒を扱いだしたのは、後年だとか。
関西系テレビ局の番組「ちちんぷいぷい」に
近々出演予定だという、おばちゃん(^^)
愛媛では、その番組はたぶん映らないと言うと
ガッカリしてましたが(笑)

話し好きで、きさくな、いいおばちゃんでした(^^)
井戸端会議の座長としても適任です(爆)


ぶっかけ(小)

なんと、ここの麺は、いつも行列が出来ることで有名な
坂出で一二を争う有名店。さぬきでも有数のS級店
「日の出製麺所」の麺なのです(^^)

場所も、日の出製麺所のすぐ斜め前。
店から、日の出製麺所の「行列」を見物することもできます(爆)

といっても、「日の出製麺所」で作り立てというわけではなく
その麺自体は、坂出のスーパーで普通に売られているわけですから。。
特別に美味いというわけではありません。
そりゃ、行列してでも食った方がいい「日の出製麺」の「出来立て麺」とは違います。
それでも、その質の高さは、十分に感じることの出来る麺です。
その辺の「作り置き」とは、レベルが違います。
ただ、あまり期待してもいけない、そういう微妙なレベルでしょうか?(^^)


今回の讃岐うどん遍路〜坂出篇〜は
その中讃らしい、温かいお接待UDONの魅力を十分に味わえたし、
痛快なツーリングシーン&風光明媚な瀬戸内の風景もまじえて
実に楽しい旅でした(^^)

ご一緒していただいたトモさん
ありがとうございました!
また走りましょう!すすりましょう!(^_-)-☆

<今回のUDON評価>
家康(C)みささ(C)・町川(C)・・・木田酒店(C)

UDONのみの感想(個人的な好み)ではこうなりますが
お店のお接待度(あえて接客サービス度とは言いません)を合わせると
どこもBかそれ以上。
讃岐うどんの魅力・満足度は、「麺だけ」では計れません。語れません。。(^^)