つるつるツーリングMTG
〜さぬきUDON遍路 with 前ちゃん PART 2〜
ここからは、前ちゃんとの「つるつるツーリング」♪
最後のUDON屋さんを目指して、Go!


名もないうどん屋
最初の予定では、蕎麦屋の前に行く予定だったんだけど
来てみると、開店時間が予定とは違ってて、急遽後回しになった店。
その時は、回転灯も回ってなくて、看板も普通目立たないあんな上にあるし(^^;)
まさに、「名もないうどん屋」!探すのにひと苦労いたしました(爆)

いろいろと移転を繰り返した後
現在の場所に落ち着いたらしい。

ここは、女将さんのご実家らしく
駐車場も完備。
しかし、店舗の場所は
やはりディープ!

細い通路をずんずんと
突き当たったところにあります。
カウンターに丸椅子が無造作に並ぶ
ご近所の溜まり場的な
プレハブ簡易な店内も。。
とても「らしくて」よい(笑)
カメラを向けると気軽にポーズを取ってくれた
気さくできっぷのいい名物女将(^^)




「おしながき」には
「おいしいうどん」と「かたいうどん」と2種類あります。
この書き方と、後から話した女将の口ぶりからして、
「おいしいうどん」が、本来お薦めのようで
「かたいうどん」はシロートが好むUDONのようでした(爆)



まずは、「おいしいうどん」で一玉半を「ぶっかけ」で。

もちもちっとしたグミ系食感の高松らしいソフトなコシのUDON
「釜玉」が一番似合いそうなUDONかな?
「しょうゆ」としては、ややキレに欠ける感じでものたらないかも。




「かたいうどん」で「冷玉しょうゆ」
これはこれで美味い。
醤油系なら、こちらの方がワタシは好み。

また、県外客には、こちらの方が
一般的な「讃岐うどん」らしさは感じられるかも。
ただ、高松での主流なUDONとは違うので、
女将さんに言わせると「あまりUDONを食べ慣れてない人が好むUDON」
となるのかもしれないが。。
観音寺など西讃では、むしろこちらのタイプが主流だろう。
まぁ、「好み」の問題です(爆)


<今回のUDON評価>

名もないうどん屋(B)→手打ちうどん野口(C)、田村神社日曜市(C)