つるつるツーリングMTG
〜さぬきUDON遍路 with 前ちゃん PART 2〜



先月に引き続き、前ちゃんとのつるつるツーリングMTG♪
今回は、暑さのため、ランちゃんはお留守番(>_<)
淋しい「ひとり遍路」になってしまうところでしたが、
後半から参加してくれた前ちゃんのおかげで、楽しいツーリングとなりました。
サンクス!です。

スケジュール
7:30  松山道 川内IC 出発
9:00  高松道 高松西IC 到着
9:30
  田村神社日曜市      
10:00
  手打ちうどん 野口      
10:30
  仏生山公園  
11:00
  手打蕎麦 お乃  
12:00
  名もないうどん屋    
13:00  高松道 高松西IC 出発
14:30  松山道 川内IC 到着


田村神社日曜市
まず、ひとりで最初に訪れたのは、ここ田村神社。
いつもは平日に決行する「さぬきUDON遍路」を、珍しく日曜日に開催したその理由は。。
この田村神社の日曜市が、その名の通り、日曜日しかやっていないから。
その一点のみなのであります(笑)

なんと!30年以上も毎週開催されているという
香川では有名なUDONイベント!
当然、「UDON遍路人」としては
いつかは行ってみたいと念願していた場所。

その念願が。。ついに
成就される日がやってきたのであります!
って、、そこまで言う?(爆)
思ったよりもけっこう広い境内
その一角で
活気あふれる日曜市うどんは開催されていました。
一杯100円だと聞いていた料金は、150円に値上げされていましたが、
これは、どの店もそうですが
数年前、小麦粉価格が高騰した時に変更になったのでしょう。
それでも、「安い」ことに変わりはありませんがね(^^)

うどん市は
すべてボランティアの氏子さんたちによって
仕切られています(^^)

ここでまず食券を買います。
メニューは、「かけ」しかありませんので
迷う心配は、まったくありません(爆)
一杯二杯と、玉数を伝えるのみ(^^)
ここで、食券を渡して、UDONを受け取ります。

もうすでに丼の中にはUDONが入っていて
早く食ってくれ!と待っている状態です(笑)
ここで、トッピングを選びます♪
もちろん、「素うどん」もけっこうですが
あれこれ迷うトッピング選びも
UDON遍路の楽しいイベント(^^)
素うどん。
それに、ちくわ天(50円)と地元名物だという「ばくだん(練り物天)」(100円)
これで300円とは、嬉しい朝食値段であります(^^)

麺は、末広製麺所とマルタニ製麺から仕入れてるらしいです。
昔ながらの、やや太めな麺。
しかし、いくら回転が早いとは言え、ご覧のとおりの「茹で置き」麺ですから
コシというほどのコシは感じられず、そこそこな味わい。

でも、逆にその角のないUDONと、懐かしい感じのするお出汁とが
氏子ボランティアのおじさんおばさんたちの和やかな雰囲気と合わさって
なんともしみじみホッとするような
丸い「日常のさぬきUDON」を作り出していたような気がします(^^)

ところどころに「田植え」が終わった田園風景を眺めながら
高松市南部を走ります。
しかし、そこにあるべきいつもの姿が見られないのは。。
やはり淋しい(^^;)


手打ちうどん 野口
何気ない路地裏にある
まさに、ご近所さんのためにあるようなUDON屋さん。
50年以上前に、もともとは製麺所として出発した店らしいが
今は2代目だろう若夫婦が営んでいて、
近年、表周りを「うどん屋」らしく改装したような雰囲気。

と表向きは、特に変わった印象はなかったのだが。。

店内に入ると、
なんだか不思議な空間が待っていた(^^)

4人がけのテーブル席が3つ並んだだけの
殺風景とも言えるほど、こじんまりとした店内。

その客室と厨房を繋ぐ通路が
まるで茶室の入り口か?というような低さで
なんとも奇妙で面白い(^^)
これもまるで「覗き窓」のような
カウンター越しに厨房を眺めると
奥の方に、手打ち台が見え
そこで、ご主人がちょうど麺を打っていた。

と、ここで初めて
このカウンターの向うに
トッピングの類があることに気がつく。
う〜む。。(笑)
お品書きも、変わっている。
ざる、きつね、冷やし、かけの4種のみ。
このメニュー構成は初めて見た気がする(^^)
冷やしうどん(小)に、コロッケ

細麺が特徴的。
のど越しも良く、そこそこグミ系的なコシもあるのだが
太麺好きのワタシには、やや物足らない気も。
この麺なら、「ざる」で「出来たち」を食べた方が良かったかな?
つけツユは、イリコ風味がよく効いてて、いいお味。

熱々ホクホクのコロッケも美味かった♪
ここは、冷たく締まった「ざる」と、熱々コロッケの組み合わせが
ベストマッチかもね(^^)