つるつるツーリングMTG
〜さぬきUDON遍路 to 観音寺〜 A
次は、JR観音寺駅の前も通りつつ、
観音寺市街を出て、
一路、少し郊外にある店を目指します♪

もう、田植えの終わった田んぼも
あちこちに広がっていました(^^)
ところが、いったん到着したお店の人から
今日は、開店時間が
いつもより少し遅くなるとのことだったので、
急遽、予定を変更して、
観音寺観光へ向かうことに。

四国霊場69番札所の、その名も「観音寺」で
トモさんと待ち合わせ♪
ふたたび、元の店へと戻りました(^^)
安 並
四国新聞社「讃岐うどん遍路」には、
マスコミでの掲載拒否店として、載ってはいませんが、
「うどん好き」の間では、つとに有名なお店。

ワタシ自身、初めて食べて驚いた、
あの丸亀市の「中村」で修行していたという
直弟子のご主人が打つ「グミ系UDON」
その味わいや、いかに!(^^)

完全セルフの店ですから、運がよくなければ、
茹でたてのUDONには当たりません。
よって、「釜玉」などの「釜揚げ」系のうどんはありません。
そういう意味では、たいへん良心的なお店です(^^)

でも、この日この時間は、当然茹でたてにほぼ近い麺でしたね(^^)
遅れた開店時間に合わせて、2度も来たんですから、
そりゃ当然でしょう〜(爆)

厨房は、かなり広く、丸亀の「中村」とは大違い。
きっと、修行中は狭い厨房の中で苦労してたんでしょう(^^;)
その反動かな?(爆)

屋外にも、こういったスペースがあり
ランちゃんと一緒にUDONをすすれる
嬉しいお店♪

トモさんも、同じメニューで
ひやあつ+半熟玉子天&ナス天

天ぷらも、もちろん揚げたて♪
とろ〜り黄身が溶け出して。。もう最高!(^^)

これが、安並の麺です(^^)
まぁ、長いの何のって!
丼に入ってるうどんが、全部繋がってるのかと思いました(爆)

むにゅむにゅ、ちゅるるんとした
勝手に、のどの奥に流れ込んでいくような、独特ののど越しが、
また、あっさりした薄味のお出しが、
やはり「中村」系ならでは。
ただ、「中村」で食べた時のような
「二枚腰」のような、弾力のあるコシは、あまり感じませんでした。
その点では、やや不満が残ったかな。

とってもソフトなうどんで、「讃岐うどん」というよりも。。
そう、むしろ、「鳴門うどん」に近い印象でしたね(^^)

ランちゃんにも、UDON♪

こういうのど越し優先のUDONは、
一気食いのランちゃんには、向いてるかも〜(爆)