道の駅&つるつるツーリング in 小豆島
PAGE 4
手打ちうどん 三太郎



下山してみると。。
下界の町中は、曇りがちながら雨はなく
観光ツーリングは続行♪

「UDON遍路」の2軒目にも、チャレンジです(^^)

草壁港のフェリー乗り場の
すぐ近くにあり
観光客も多いだろう「うどん屋さん」

この日は連休ということもあって
かなりのお客さんが来ていました。
ということで、すぐには座れず
ちょっと歩いて裏手に周り
この店の「離れ座敷」に通されました。

といっても、普通の民家を
客席にしたというだけの所です(^^)
ということで
ランちゃんも玄関先に入れてもらいました(^^)

他のお客さんの靴を噛むこともなく
お利口さんにしていて
お店の人にも褒められました(^^)
トモさんのたのんだ
きつねうどん

厚焼き玉子が入ってて、
美味そうだし、珍しいね(^^)


天ぷらおろしうどん

ぷりぷりの海老天に
きゅっと締まった冷ぶっかけの麺

一軒目の來家(おいでや)の麺と比べると
本土のUDONを食べなれてる人には、ちょっともの足りないかな?
という気もする、やや優しい感じのUDON
コシもさほど強くない。
松山にある讃岐うどん系の店に多いタイプ。
しかし、茹で置きの麺は出さないという方針の店らしく
もちろん、しっかり美味しいUDONだった(^^)

マルキン醤油記念館



「醤(ひしお)の郷」である小豆島を代表する
観光地がここ。

明治40年創業以来の古い醤油倉が
いくつも立ち並び
このあたりを通っただけで
その醤の香りが鼻腔の奥をくすぐります(^^)

古い醤油倉のひとつを改装して公開されている
資料館の中にも入ってみました。

抱っこしてたら、わんこもOK!(^^)v
合掌造りとしては
日本最大級のこの建物自体が
国の有形文化財指定
興味深い展示品の数々に
お土産品になる醤油関連商品もいっぱい!
トモさんも、迷っております(^^)




記念館の中で、記念撮影♪
小豆島は、ワンコと一緒に楽しめる施設が多くて
嬉しいね(^^)


さらに、足を伸ばして細い岬沿いに走り
その岬の先端にある
「二十四の瞳映画村」へ

この道は、途中から
離合も難しい狭い道が続きますが
四国愛媛の山道(悪路)に慣れてる
ワタシには、どおってことはありません(爆)
途中の撮影ポイント(バス停)で
2ショット写真も♪