〜つるつるツーリングオフ〜
鳴門うどん遍路 (2)
お次の店を目指し、
三台連なっての、鳴門市内ツーリング♪

お天気も最高で、絶好のオープンドライブ日和!
ランちゃんも、ご機嫌で〜すヽ(^。^)ノ
〜鳴門うどん遍路〜
みついの手打ちうどん
二軒目は、鳴門市内中心部の住宅地にあるお店。
こざっぱりとした外観から
比較的新しいお店かな?と思う。


店内は、明るくてきれい。
こじんまりとした空間も
アットホームなくつろげる雰囲気でgood♪

ご主人や女将さんもとても気さくで、
いろいろとお話も聞かせていただきました(^^)
やはり最近は、カメラを片手に嬉しそうに
やってくる県外のお客さんが多いそうです(爆)
こちらの店も
大小はあるが
実にシンプルなお品書き

「ちくわうどん」というメニューがあるのが
珍しく
鳴門うどんらしい特徴かな?(^^)
tomokiさんとhiroさんの食べた
ちくわうどん(大)と鯵の押し寿司

hisashiさんの食べた
きつねうどん



ワタシの頼んだ「ちくわうどん(小)」
実に、「ちくわ」がたくさん入ったUDONだ(爆)

麺は、船本と同じく
ちゅるちゅるとのど越しがよい柔柔麺。
細さも一緒だが
船本の平べったい麺と比べて、やや丸っこい麺。
小麦の風味も豊かで、手打ち麺の素朴さもあり
ここもたいへん美味しくいただいた(^^)

だし汁は、昆布とかつお節。それに、イリコも使ってるそうで、
あっさりとした上品な船本のだしと比べると、やや濃厚で力強いだし汁になっている。
不揃いの麺が、その美味しいだし汁とよく絡んで、またいい感じ♪
あっという間に完飲完食したよ(^^)
柔らかくて細いうどんだから、
思ったよりも簡単に胃の中に入ってくれた。
二日酔いには、これ以上はない最高のUDONだろうね(爆)

鳴門うどんは、大阪うどんの流れを汲んでいるからか
だし汁重視の「かけうどん」がほとんど。
讃岐のような「麺主体」の
「生醤油」とか「ぶっかけ」とかいった冷たい系メニューは見当たらない。

しかし、柔らかく細いうどんというのは、大阪うどんとは違う個性だ。
これはこれで、ある意味完成された
独特のUDONワールドをもった存在だね。
将来的には、「ご当地麺」として、ますます注目されて
徳島ラーメンと並ぶ人気アイテムになるだろう
鳴門うどんには、これからも注目だ!(^^)




今度は、お店の外のクルマの中で
おとなしく待っていてくれたランちゃん♪
☆鳴門うどん遍路☆の良きパートナーでした(^_-)-☆



最後はやっぱり?
淡路からの帰り道
津田の松原SA(下り線)で
さぬきUDON♪

あなぶき家のかき揚げうどん
普通に美味い立派なさぬきUDONです(^^)