〜つるつるツーリングオフ〜
鳴門うどん遍路 (1)




主催する「淡路シュナミーティング2007」のため
淡路島に向かったこの日。

その途中、噂の「鳴ちゅる」、鳴門うどんを楽しむべく
鳴門で途中下車。

そこでは、待ち構えてくれていた地元徳島のhisashiさんと
思いがけない場所で再会した名古屋からのお友だち
tomokiさん、hiroさんご夫妻とご一緒して
嬉しい「つるつるツーリング」♪

肱川ラーメン in 石鎚山SA
鳴門・淡路へ向かう道中
朝飯として頂いたのが
ここ石鎚SAにある「肱川ラーメン」

お取り寄せラーメンのコンテストで
一番になったこともある、全国的にも有名な
愛媛県肱川町の特産ラーメンです(^^)




実は、これも肱川特産の豚を使った
「トンコツラーメン」の方が有名らしいのだが、
朝一番ということもあり、しょうゆラーメンをチョイス。

さっぱりしたしょうゆ味にシコシコの細麺。
スープは、SAのラーメンとは思えないほど、予想以上に美味かった。
ここ西条も、肱川に負けない石鎚山系清流の町。
水の美味い所はスープも美味い(^^)

しかし、特筆すべきは
肱川特産の豚を使ったチャーシュー!
めちゃジューシーで柔らかく
噛みしめると、口の中になんとも豊かな味わいが広がる。
これは、今まで食べたチャーシューの中でも、ダントツに美味かった!
このチャ−シューを食べるだけでも、価値があるラーメンだね(^^)

お店の外で待っていたランちゃんは
SAのたくさんの利用客にも、
おとなしくて、かわいいね〜と人気抜群♪
いっぱい撫でてもらいました(^^)
参加車両のご紹介♪

ここで、つるつるツーリングに参加した
クルマたちの紹介です(^^)

ベルイマン号@ランちゃん♪
BMW Z3
tomoki’s ワンちゃん仕様(爆)
メルセデスベンツ E320ワゴン アバンギャルド

このクルマで、休日ともなれば
トイプードルのAZUくん、HALくんと
ドッグスポーツに東へ西へ♪
hisashi’s ポルシェ ボクスター

以前、tomokiさんが
サーキット三昧にふけっていた時の(^^)
愛車でもあります。

懐かしいクルマに再会したtomokiさん、
hisashiさんとの会話も白熱していました(爆)
〜鳴門うどん遍路〜
うどん 船本
鳴門うどんは
空前の讃岐うどんブームのなか、
讃岐(香川県)と隣接する地域にありながら、
その讃岐うどんとは、まったく異なる特徴を持ったうどん「鳴るちゅる」として
最近にわかに脚光を浴びてきたうどん。

ここ船本は、一説には鳴門市内に50軒はあるといわれる鳴門うどん店の中でも
屈指の老舗店として有名なところのようです。


徳島市内にも支店があるようですが
この本店は
ウチノ海公園や鳴門教育大学の
キャンパスにもほど近い
自然豊かで閑静な住宅街の中にあり
ロケーションも一等級!
ランちゃんは
お店の外の日陰に繋いで待機です。

おとなしく待ってたので
みんなに褒められましたよ〜(^^)
たったこれだけの「お品書き」!

ここは「おでん」も美味しいとの評判でしたが
残念ながら、今回は食い逃しました(爆)
みんなで並んで、仲良く
鳴るちゅる♪


コシがほとんどなく柔らかい、不揃いの細い手打ち麺が
鳴門うどんの特徴。
トッピングは、刻んだネギと油揚げ、またはちくわが乗るのが基本形らしい。
だしは、昆布とカツオとサバの削りぶしからとったものらしく
さっぱりとした上品なお味。

油揚げは、住谷豆腐店という、これも老舗の豆腐店が
一枚一枚手作業で作ってあるもの。
うどんの麺も、機械はいっさい使わない包丁切りだという。

いやしかし、聞きしに勝る独特の麺だった!
讃岐の麺が、押しの強い「男麺」なら、
この鳴門うどんは、柳に風の優しい「女麺」だね。
実に味わい深い、懐の深さを感じさせる「癒し系」のうどんだ(^^)





讃岐うどんもいいけど
この鳴門うどんも、とっても魅力的ね♪
さあ、もう一軒行ってみましょうね〜(*^^)v