つるつるツーリング
〜麺道楽 in 四国中央市〜



2011年最初の「麺道楽」は、愛媛の東端、四国中央市へ。

最初は、新しく「道の駅」に認定された「霧の森」への訪問と
抱き合わせのドライブにする予定だったんだけど。。
途中で、高知道が積雪のため通行止めになっていることが判明。
急遽予定を変更しての麺道楽でした(^^;)
ランちゃんをトリミングに預けての、待ち時間ドライブでもあったので、
久しぶりの単独ドライブにもなりました。

スケジュール
10:00  松山道川内IC 出発
  こかげ亭(入野PA上り線)   
11:30  松山道三島川之江IC 到着 
11:30
  手打ちうどん 欅  
12:00
  うどん 菜の家   
12:30  松山道三島川之江IC 出発 
13:30  松山道川内IC 到着

松山道を走っている時は
雪の気配なんかまったくなかったんだけど。。
この季節、山岳コースの高速は油断できないね。
こかげ亭 入野PA上り店 
ということで、詳しい道路状況が知りたいこともあり
入野PAで休憩&麺道楽

小さいながら、レストランやコンビニも備えた
SAクラスの便利なPAですね(^^)

 
豊富かつ個性的なメニューも多いので人気のある
セルフサービスレストラン



たまり醤油を使った「たまり醤油ラーメン」
別称「ブラックラーメン」

ブラックラーメンといえば、ご当地ラーメンの「富山ブラック」が有名で
かなり塩辛いらしいんだけど
ここのは、たまり醤油を使った黒さで、味はまろやか。
愛媛らしく甘みさえ感じるほどのスープで、塩辛さはまったくなく美味しくいただいた。
ただ、麺は冷凍麺でシコシコ感はあるものの、味気なく安っぽいスタンドラーメンの味。
よって、全体的な満足度としては△かな?


 
手打ちうどん 欅
讃岐に隣接し、うどん屋密度やレベルも讃岐並
愛媛きってのうどん処は四国中央市
そこに新たに「隠れ家」的なうどん屋ができたとの情報を得て
興味しんしんに訪ねてみました(^^)
「欅」は、蛇足ですが「けやき」と読みます。


住宅地にぽつんとある一軒家の一般店
駐車スペースは大規模店並に広いですが
店内は、落ち着いた地元密着型のアットホームな雰囲気(^^)

お品書きはシンプル。
麺に自信あり!といったメニュー内容で、期待は一気に高まります(^^)




釜玉(小)

まず、釜玉の卵が黄身だけというのが、本格的で嬉しい♪
その黄身もぷっくりと色濃く新鮮そうで◎

そして見た目にも特徴的なのが、麺の色。
うっすらとしかしはっきりと分かる茶褐色をしているのだ。
後で大将に聞くと、
小麦を表皮ごと石臼で自家製粉した挽きぐるみの粉を使ってるらしく
まるで蕎麦屋の挽きぐるみ蕎麦のようだ(^^)
こんな色のうどんは、愛媛でもめったになく
伊予市のここや、小田うどんのここくらいだろうか?

正真正銘ほのかな小麦の香りが感じられて風味満点。
それでいてのど越しもよく、むっちりとしたコシもあり、立派な讃岐UDON。
ワタシ的にもAランク評価のUDONでした(^^)v

うどん 菜の家 


2軒目に訪ねたのは、昨年四国中央市に来た時に
偶然店の前を通って発見。
そのちょっとバラック風で個性的な店構えが気になっていたお店。

駐車場も店内も
街中にあるにしてはやや手狭な感じはしますが
セルフ店なので回転は速そう。
次から次とお客さんがやってきてる様子からも
かなりの人気店だと思われます。
東予地方の名物?
たこちくわ、えびちくわもあって
注文に応じて、揚げたて熱々がいただけます(^^)

これは、たこちくわ♪
刻んだタコの身が練りこまれたちくわで
むっちりした中にコリコリした食感が感じられて旨い♪


ぶっかけ(小)
西讃から四国中央市にかけてのUDONによく見られる
太くて強いコシ。いわゆる豪麺の類です。
やや湯で置きっぽく、固さだけが表に出ててしなやかさに欠ける麺で
ワタシ的には、あまり感心しない出来でしたが。。
寒い季節がら、温めなおすこと(かけや温ぶっかけ)を前提に、固めに湯がいてたのかもね。。
おつゆは甘くなく、さっぱりとしていて
いい意味で讃岐UDNらしく良かったです(^^)