つるつるツーリング
〜さぬきUDON遍路 S & 麺道楽〜
2軒のUDON屋を回ったところで、珍しく満腹になり(^^;)
その後は、UDON遍路を切り上げて、
庄内半島沖に浮かぶ「蔦島」観光へ。

そこで、ブラブラしていたら、お腹も適当に空いてきたので(笑)
さぬき名物の「ため池」を横目に、オープンドライブも絶好調♪
さらに、「麺道楽」は続行されるのでありました!(*^^)v


さぬきラーメン 麺・虎右エ門
初代うどん王の「盛りの大将」が
「さぬきラーメン」と称して開店した「はまんど」は、あまりに有名ですが、
ワタシは、まだ未食。
ここは、その息子さんがやっている「さぬきラーメン」の店、ということで、
やってまいりました!

しかし、なぜ最初に「はまんど」に行かず、ここなのか?というと、
最初にオヤジの方のラーメンを食っちまうと、
どうしても、そちらの印象に引っ張られてしまうような気がしたから。
息子の方の店で、まず中りをつけといて。。という
計算にもなってない計算をしてみただけ(爆)

基本メニューは
「中華そば」と「讃岐らーめん」
新メニューとして「熟醤油らーめん」。

普通は、初めてなら、
「讃岐らーめん」を食うところだろうが。。
なぜか?
「熟醤油らーめん」を注文してしまった(^^;)
「熟」が付いてたばっかりに・・(爆)


熟醤油らーめん

3種類の熟成させた地醤油をブレンドしたという
醤油ラーメン。

麺は、普通の細麺だった。
細麺にしては、やや柔らかめ。博多ラーメンのような固さではない。
チャーシューは美味かったね。
ただ、スープは正直、大したことはないという印象。
けっこう「甘め」の醤油スープで、
この手の醤油味なら、松山の「瓢華」の方がダンゼン美味いと思ったね。
次は、やはりオヤジの店で「さぬきラーメン」だ!(^^)



十割蕎麦 まちだ
期待してたラーメンが、少々残念な印象だったので
気を取り直すべく
予定には入っていなかった「蕎麦屋」へ。

ここは、以前にも訪問したことがある
十割蕎麦の店。

久しぶりの訪問だったけど
あれ?いつの間にワンコが? とびっくり(^^)
後で聞くと、この子は隣の家のワンコで、「豆柴」らしいね(^^)
まだ4〜5ヶ月くらいの子供で、
ランちゃんを見ると、く〜んく〜んと母親に甘えるみたいに鳴いていたよ(^^)
ランちゃんは、相変わらず「愛想なし」だけどね(爆)

お品書き

「かけそば」940円
どうですか、この値段!
この讃岐だったら、
「かけうどん」が何杯食えると思います?(爆)

でも逆に、希少な「高級蕎麦屋」だからこそ、
客は集まるのかもしれないね(^^)
オヤジさんとお母さん
家族三人で始めた蕎麦屋だけど
オヤジさんが体を壊してからは
息子さんが、蕎麦打ちの主体。
オヤジさんは、
厨房で「釜場」の仕事をしてらっしゃいました。


もりそば〜発芽蕎麦〜
(1360円)

発芽蕎麦とは、蕎麦の実が発芽したところで乾燥させ、
それを蕎麦粉にしたもので打つ蕎麦。
ここのお師匠さんである、信州の「おお西」という店の特許らしい。

もっちりとした食感が、なんともいえず独特。
初めて味わった蕎麦の食感だ。
「発芽そば」というと、なんだか「香り」を期待してしまいがちだが
これは、その食感・風味を楽しむ蕎麦だね。

後から出てきた
自家製の「ぬか漬け」と蕎麦湯。
この蕎麦湯のとろ〜っがいいね(^^)

そろそろ、新蕎麦が出る季節になってきたということで!
ワクワクしてくるね〜♪
さて、今年の新蕎麦は、どこで食べようかな?ヽ(^。^)ノ