つるつるツーリング
〜さぬきUDON遍路P〜
かながしら
秀の大将に、「今、あそこの店は閉めてるはずだが・・」
と、言われながらも、とりあえず行ってみるだけでも行ってみようと
出かけた4軒目の予定店。

だがやはり、ご覧のような貼り紙が。。
なんだか、映画「UDON」のシーンを思い出して、しんみりしちゃったよ(^^;)
ご主人の、できるだけ早いご回復を祈るばかり。。


やすべえ
かながしらが、休業中だったので、繰り上げた4軒目のお店。

6年前に開店したという、比較的新規なお店ながら
地元では、すでに人気店の仲間入りをしているという評判の高い店。
その理由とは?(^^)




うどんを食べ終わった後
お店の人に、
店の中の写真を撮らせてもらっていいですか?
とお願いすると、
ご主人自らが、はにかみながらも出てきて、
カメラに納まってくれました!

そこまで、お願いしたわけでは。。と思ったけど(爆)
お店の女性たちの明るい接客と共に
このお店の人気ぶりが覗えるエピソードだな。。と(^^)




名物カレーうどん(辛口)

伊吹島のイリコと、北海道日高産の昆布で取った出しに
減塩醤油を加えたうどんスープを基にして、
それに、天かすを使ってとろみを出したというカレールーが、
モチモチつるりんとしたUDONとも絶妙に絡んで、バツグン!

かなりスパイシーではありますが、
その辛うまさに、最後の一滴までスープを飲み干してしまいました!
あぁ、もう今日はこれで最後だな。。と思ったくらい
満腹感&満足感のあったUDONです(^^)


寒 川
といいつつも
Cafeで休んだ後には、胃の隙間もでき(爆)
最後にもう一軒!(^^)

ここは、予定には入ってなかったけど、
Cafeのあった三木町から帰る道すがら
ナビの「近くで探す」で見つけたお店(^^)

創業昭和31年
高松より東の地域では、かなり名の知られた老舗店です。

大きな製麺工場に接する
大型のセルフ店

こういうタイプの店は、あるようでない。
ある意味、珍しいお店です(^^)
工場の従業員食堂か!
というくらい広い店内です(笑)

時間がかなり遅かったので、お客はまばらでしたが、
昼時ともなれば、かなり込み合うんでしょう。
働く従業員の数も、けっこういました。

周りの客のほとんどが食べていたので選んだ(^^)
ざるうどん

やはり時間を外したか。。
もっちりはしているが、拍子抜けするくらいコシのない麺。
モサモサとのど越しも芳しくなく。。

最初は、メニューにあった「ひやかけ」を注文したんだけど、
売り切れでショボン。。
あれが食えてれば、また感想は変わったかも。。

UDON屋、特にセルフ店では、
やはり入店時間は大事ですな(^^;)




6月だったけど、あまり暑くなくて
気持のいいドライブ&おUDONが楽しめました♪
お友だちとも会えたし、大満足のUDON遍路だったワン!


<本日のUDON評価>

はったんじ練場(A)→秀(B)やすべえ(B)→穴吹製麺所(C)→寒川(D)