つるつるツーリング
〜さぬきUDON遍路O〜
安 藤
綾川町も、街中を少し外れた郊外にある
「うどん焼き」で有名な
安藤うどんにやってきました(^^)

店内も広く、
メニューも豊富な一般店です。

この季節ならではの
「打ち込みうどん」のメニューも♪


これが噂の「うどん焼き」
いわゆる、お好み焼き屋さんでいう、「焼きうどん」ですが(^^;)
意外と、うどん屋さんでは珍しいメニューです。


数種類のお醤油をブレンドして加えているという
特製和風ソースが、香ばしくて美味いです!
さらに、かつお粉が、かなりの量混ぜ込まれていて、
そのクセがかなり強いというか、
味の濃さを感じる「焼きうどん」です。

おたふくソースの「焼きうどん」に慣れてると、
少々むつこく感じるかもしれませんが、
食べなれてくると、ハマる味だと思われます(^^)

麺も、茹で置きの麺ではなく、茹で立ちのうどんを使ってるそうで、
炒め合わせてるにもかかわらず、ボテッとした感じではなく
プリプリした食感があって、よかったです(^^)

郊外店ということもあって、
お店の周りは、のどかな田園風景が広がり♪

ランちゃんも、
隣家の大根畑で、
しばしのお散歩を楽しみました(^^)
道の駅 滝宮
綾川町にある「道の駅」
うどんのふるさと綾川町らしく
「うどん会館」なるものも同居しています(^^)

かつては、綾川の流れを利用して水車を回し、
その水車が石臼を回して、うどん粉(小麦粉)を挽いていたんですね(^^)

道の駅のすぐそばには、清流綾川が流れ、
讃岐百景にも選ばれた
桜の名所、滝宮公園もあります。


滝宮(うどん会館)
うどん打ち体験教室や実演コーナーもある
うどん会館内の
「さぬきうどんレストラン」

綾川町産の小麦粉を使った
「さぬきの夢2000」を100%使用するなど
徹底的に地元にこだわったUDONを出すお店です(^^)

こちらが、実演コーナも兼ねた
手打ちうどんの作業場

コンテナの箱に
「さぬき麺業」の文字が見えますが・・
ここは、さぬき麺業が
経営してるお店なのかもしれませんね(^^)
お店の中は、
こういった感じの
ごくありふれたレストランといった感じです。
店の中に入れないランちゃんは
窓から見えるところに繋いで
ワタシは、窓際の席に。。

ランちゃんは、こちらには気づかず
ずっとワタシが立ち去った方向を見ています。
健気じゃのう。。(T_T)


ぶっかけ

「しっぽくうどん」も魅力的だったんだけど
最後の店ということで、無理をせず、軽く「ぶっかけ」で〆ることにしました(^^)
ピチピチした、しなやかでのど越しも良い、エッジの効いた麺。
今日食べたUDONの中では、
唯一冷たいUDONだったこともあって、
いかにも讃岐うどんらしいコシの強さを感じる麺で、満足でした(^^)

UDON的には、今回いちばんまともなUDONで、
それなりに美味かったんだけど。。
それまで行った店が、あまりにディープな店が多かったので(^^;)
このあまりに当たり前なうどんが、なんか。。もの足りなくてね。。(爆)
元気はいいんだけど、味わいにかけるというか。。
たぶん、まだUDONが若いんだろうね(爆)

帰りは、讃岐富士を真横に眺めながら
善通寺インターを目指しました♪

今回の「UDON遍路」は、
讃岐うどんのふるさと綾川町ならではの
ディープな側面を辿る共に、その人情「お接待のこころ」にも触れることが出来て
とても有意義な旅でした(^^)

<今回のUDON評価>

今回は、特に優劣はつけません。
UDONのみの評価なら、
個人的には、せいぜいBからC・Dといったところですが、
お店を訪ねた満足度・満腹感からいうと、Aクラスの店もあったし♪
今回のUDON遍路は
UDONの質(美味い不味い)よりも、
そのバリエーション(あり様)を楽しむことに重きを置いてたので、
その比較評価に意味はないし、実際できませんでした(^^)