つるつるツーリング
〜さぬきUDON遍路O〜
さぬきの道は、いつ来ても本当に気持ちがいい!
特に、郊外になれば、ほとんど信号はないし、
適当なカーブをまじえた平坦で広い道が、どこまでも続く♪
「つるつるツーリング」が楽しいのは、
きっと、この道のお陰もあるに違いない(^^)


丸善食堂
昭和47年創業という、
うどん処綾川町でも、かなり老舗になるうどん屋さん。
長年地元の人に愛され続けてる店だけあって、
このお店も、すこぶるアットホームでした♪
とても気持ちのいい後味のあったうどん屋さん(^^)

座敷席も数席あったと思うけど、
店のほとんどのスペースを占めている
コの字型をしたカウンターが珍しい店内。

店に入るなり、お母さんと娘さんから、
かわいいワンちゃんですね〜と声をかけられ♪
それじゃあ、見てみます?と言って(笑)
一緒に、クルマに残したランの元へ♪
うどんを注文する前に、
長々とワンコ談義にふけりました〜(爆)
頑固に、昔ながらのうどん作りを続けているという
その道具も渋いお店です(^^)
塩を計っている天秤ばかりも。。
何度も直しながら使い続けているという茹で釜も。。
なんとも歴史を感じさせて、情緒があります(^^)




かけうどん200円から、一番高いメニューでも、
鍋焼き、カレーうどんの500円という、
一般店にして、このリーズナブルな値段!

湯だめうどん(小)

最初、釜揚げを頼んだんだけど、
今、釜を上げたばかりなので、「湯だめ」しかできませんけど、いいですか?と聞かれ、
釜を上げた(釜の湯を捨てた)ということは、もう一回お湯を沸かすところから始まるわけで(^^;)
湯でだちのUDONは、あきらめることにしました(T_T)

でも、「湯だめ」でも、十分美味しいうどんでしたよ(^^)
特に、つけ汁が絶品!
とても味のこなれた、まろやかなお出しで、美味かったです!
麺も、もちもちとした風味豊かなUDONで♪
「湯だめ」で、これだけ美味いんだから、
「釜揚げ」や「しょうゆ」だったら、なおさらだろうな。。と感じました。
聞くと、やはり地元のお客さんの間では、「しょうゆ」が人気だそうです(^^)

お店の女性たちの気さくな人柄や、朴訥な職人気質そのままなオヤジさん。。
それがそのまま感じられるような、優しい味わい深いUDONでした(^^)



田 中
昭和2年創業!
80年以上続いて、いまだにその風情をそのまま残していると言われる
まるで化石のような「うどん屋食堂」!

四国新聞社の「讃岐うどん遍路」にも登場しないし、
他所では、あまり知られていないようだけど、
地元では、知る人ぞ知るといった、有名なお店らしい(^^)
先客でいた地元の常連風のお客さんによると、
つい先日も、テレビ局の取材が入っていたらしいよ(^^)
そりゃ、ほっとかないでしょ!こんなすごい店(爆)

ただ、うどんと書かれた傾いた暖簾一枚かかっているだけの
うらびれた店構えもそうだけど、
その店内に一歩入ると。。
80年前にタイムスリップしたかのような
えも言われぬノスタルジックな雰囲気が素晴しい!
使い込まれたテーブルや椅子など、そこにあるもの全てが
まるで生きて語りかけてくるような存在感で迫ってきます(^^)
モノにも命がある。。と実感させてくれるお店!

実は、この店は
うどんよりも、中華そばや、おでんが
美味しいと評判の店なのです(^^)

このおでんは、実に美味かった!!
コンビニのおでんなんかとは、対極にあるような
これでもか!と旨みの乗ったおでん♪
たまらず、もう一本追加!

いつか、中華そばも。。(^^)


うどん(200円)

ここは正確にいうと、うどん屋ではなく食堂。
昔は、自分の店で打っていたらしいけど、
今はおばちゃんひとりで、体力的にも無理なのでやめたそうです。
近くの製麺所で仕入れた麺で、お出しだけ作って出している。

よって、美味い不味いと語るようなUDONではなく、
UDONだけを目的に来るなら、ガッカリするかも知れないUDON。
でも、この雰囲気で食べたら。。なぜか美味いのだ。
そう、ここは雰囲気を食べに来る、うどん屋なのです(^^)

美味しさとは、舌先だけで味わうものではない。
五感全部を、霊感さえも使って味わうもの(笑)
それが、よ〜く分るお店でありました(*^^)v

途中のガソリンスタンドにて。
1円でも安い店でと、セルフ給油。
しかも満タンではなく、リッター指定です(^^;)
昨今の物価高で、ガソリンも小麦粉も値上がる一方!
うどん屋も、「さぬきUDON遍路」も悲鳴を上げています(爆)