つるつるツーリング
〜麺道楽 in 新居浜〜
PAGE 2
和歌山らーめん 和歌山っ子 新居浜店
もう一軒入りそうだな〜ということで(爆)
最後の〆にラーメンをと思い、ナビ゙の「近くで探す」で見つけたお店(^^)
「和歌山ラーメン」というのは、初めてだったので
興味しんしん♪

後でネットを見ても、ほとんど情報がなかった店なんだけど、
それでも何とか集めた情報によると。。
「和歌山っ子」というのは、
東京にある北宝商事という会社がやってる
東京などにも支店がいくつかある全国展開のチェーン店らしい。
でも、「どさん子大将」など北海道のラーメンチェーンもやってるらしいから(^^;)
これで、「和歌山ラーメン」を食ったという気分には。。
ならない方がいいのかも知れないね(爆)

住所 新居浜市上泉町16−6
TEL 0897−40−1728
営業時間 11:00〜15:00/17:30〜23:30
定休日 無休


ずいぶん古くからやってるんだな〜、
とちょっとビックリ!
この店がそうなのか、本店がそうなのかは。。
知りませんけど(^^;)

昔は、国道店という名前だったらしく、
大きな道沿いにあるので、客の入りは多かったし
かなり繁盛してるみたいな店ではある。
「和歌山ラーメン」とは、
ご当地ラーメンブームの火付け役になったラーメンで、
紀伊水道を挟んで向かい合っている「徳島ラーメン」とも、
共通点が多いラーメンとされている。

以下、いろいろ調べてみた結果を報告すると。。
基本は、とんこつ醤油の中華そばだが、
大きく分けて、「井出系」と「車庫前系」という分類があるらしい。

「井出系」というのは、
TVチャンピオンで、ラーメン日本一に輝いたという「井手商店」と
そこから派生したラーメン屋さんのこと。
とんこつをドロドロに乳化するまで煮込んだものに醤油を加えて味を調える
いわゆる豚骨をベースにした豚骨醤油ラーメン

「車庫前系」というのは、
昔ながらの屋台の中華そばから受け継がれてきた店の数々のことで、
本家の「丸高」という店をはじめとして、屋号に丸が付く店が多いらしい。
地元和歌山では、大半の中華そば専門店が、この系列であるという。
醤油で煮込んだ豚骨を取り出し、さらにそれを煮込んで作るという
醤油ベースの豚骨醤油ラーメン。




中華そば

ドロリとしたスープにほんのり醤油味。
これは、いわゆる「井手系」の和歌山ラーメンなんだろうね(^^)
見た目こってり、飲んでもやはりかなり濃厚なスープだ。
不味くはないが、後味がややくどく、化学調味料が多いかな?という印象。
途中で何度も、水が飲みたくなるラーメンだった(爆)

麺は、細めのストレート麺。
博多ラーメンのような固さではないが、徳島ラーメンのような柔らかさでもない。
中間的な固さ。まぁ普通(^^)

一緒に食べたチャーハンもそうだったが、
ワタシ的には、かなり濃い味付けが目立った。
客層も、20〜40歳くらいの年代の男性が多かったね。
彼らには、ちょうどいいラーメンなのかもしれない(^^)



マリンパーク新居浜



麺道楽を終えて向かった先は、
ランちゃんのお散歩スポット♪
新居浜東港の近く、人工海浜が美しい整った公園だ(^^)

この日は、すごくお天気のいい日で
気温も高く、絶好のお散歩日和♪

ランちゃんも、気持ちよく砂浜散歩♪
ランちゃんを連れてドライブする以上、
「麺道楽」であっても、必ず「お散歩タイム」はどこかでとります(^^)
新居浜に来た時は、ここが一番のお気に入り♪

アクセスも分りやすいし、景色もいいし♪
そして、今日のような冬場はテーブルが出てなかったけど、
敷地内にある「ブランブルー」というレストランのテラスで
ランと一緒に、コーヒータイムも楽しめる。
そんな場所なのです(^^)




パパの「麺道楽」につきあって、新居浜まで来ちゃったけど、
最後に、こういう場所でお散歩できて、楽しかったです(^^)
今度来るときは、わんこショップにも寄って、
オモチャも買ってよね〜(^_-)-☆