つるつるツーリング
〜なのはな麺道楽 in 南予〜
PAGE 1


いよいよ、本格的な「春」到来か♪
この日は、4月上旬並みに気温も上がり、
雲ひとつない青空に、
オープンで走っていたら、暑いぐらいでした(^^)
時おり見られる沿道の「菜の花」も目に楽しい♪
「菜の花麺道楽 南予篇」

今回は南予といっても、
中予に近い地域が目的地です。

内子・五十崎ICで下りて、
肱川→五十崎→内子と回って戻ってくるルート。
まずは、肱川の支流小田川沿いに走って、
肱川町(現大洲市)を目指します。
昔と比べれば
道路は整備されて広くなったし♪
ほとんど信号もない
気持ちのいいドライブコースです(^^)

ランちゃんもご機嫌(*^^)v
道の駅 清流の里ひじかわ
愛媛県屈指の河川「肱川」の中流地域に広がる、
山あいの町、肱川町にある「道の駅」です。

過去に、「道の駅ツーリング」で
訪ねたこともあって、
なんだか、懐かしい感じがしました(^^)
レストラン 華の森


「道の駅」の中にあるレストランです。
中華料理がメインのお店のようですが
肱川特産のメニューも用意してあるという、地場レストラン。

住所 大洲市肱川町宇和川3030 道の駅 清流の里ひじかわ内
TEL 0893−34−3900
営業時間 11:00〜19:00
定休日 木曜


清流肱川を眺めながら
ゆったりとお食事できる店内。

特産品メニューには
有名な肱川ラーメンと共に
よもぎうどんの文字も。。(^^)
ランちゃんは、ついたテーブルのすぐ横
中から見える日陰に繋いでたんですが
近くで飼われているらしい放し飼いのワンコに近寄ってこられ、
危機一髪か、と思われましたが。。
おとなしそうなワンコだったし、
ランちゃんも気に入って、一緒に遊びたそうにしてたので、そのままにしておきました(^^)
けっこう長い時間遊んでいて、待ってる間も退屈しないですんだようです(爆)




肱川ラーメン(とんこつチャ−シューメン)

以前、松山道の石鎚SA上り線のフードショップで食べた
「肱川ラーメン」の味が忘れられず!
いつか「本場」で食べてみたいと、
ついにこの日、わざわざ訪ねてきたのですが。。

肱川ラーメンとは、
肱川町(ひじかわ特産開発公社)が製造販売している
主に通販で食べられてるラーメン。
何年か前、某全国版女性雑誌の人気アンケート
「お取り寄せラーメンとんこつ部門」で、見事全国一に輝いたという
知る人ぞ知る、愛媛の隠れアイテム(笑)

特に、肱川町産の豚を使った
「とんこつスープ」と「チャーシュー」が美味いとの評判があり、
実際、SAで食べた時のチャーシューは、
今まで食べたどのチャーシューよりも美味かったことを憶えています(^^)
でも、その時は「しょうゆ」だったので、
ぜひ「とんこつ」を食べたいと。。今日の選択になりました。

しかし、食したとんこつラーメンは
お湯で薄めたようなスープに、ごく当たり前の麺が浮かんでいて、
まるで「インスタントラーメン」のようでした。
スープは、ほとんど残しましたね(^^;)

特に、期待していたチャーシューが、
チャーシューメンを頼んだのにもかかわらず
薄くて小さい肉片が数切れといった按配で、ガックリ。。
これなら、SAで食べた「肱川ラーメン」の方が、数段美味かった、と断言できます。

通販主体なので、あまり食べに来る客は重視してないのかもしれないけど、
道の駅のレストランといったら、アンテナショップみたいなもんだからね〜。
これじゃ〜まずいんじゃないかな〜?(^^;)