つるつるツーリング
〜いまばり西条麺道楽 A〜
ご覧のような雲ひとつない「秋晴れ」の下
今治・西条方面への「紅葉ツーリング」の道すがらに
「つるつるツーリング」も楽しんできました(^^)

「鈍川渓谷」を訪ねた後、
今治市内に最近オープンした
話題のラーメン屋さんを訪ねて
11時の開店時間に合わせて到着!

でも、お店の準備が整ってなくて
15分ほど待ってくださいとのこと(>_<)
でも、とてもいい感じのご亭主で、
対応も丁寧だったので、
まったく悪い気はしませんでしたよ(^^)
街角探索にはちょうどいいやと
その時間を利用して
ご近所をお散歩することに♪

ここは、今治駅前通り
今治市役所もすぐ近くの
広い通りです。
夏に、「シバタクMTG」で訪れた
今治焼き鳥の名店「鳥林」がすぐ近くに!
いや〜、懐かしかったな〜(^^)
歩いてると
面白いお店がたくさんありました(^^)

銃砲火薬店。。
えらくぶっそうな名前のお店です(爆)
でも、表の雰囲気は
まるで司法書士の事務所のようで。。
それがまたなんとも。。(^^)
空き家っぽい雰囲気で、
実際に営業してるのかどうかは
怪しい感じですが。。
こういった超レトロな店構えのお店も♪
厨房器具専門店

東京浅草の「かっぱ橋道具街」にあるような
そんな雰囲気のお店です(^^)
移動販売のパン屋さんも♪
近くのOLさんなどが、続々集まってきて、
けっこう繁盛してましたね(^^)
麺屋武吉
やっと、暖簾が下がりました(^^)
2008年7月にオープンしたという
麺屋武吉((たけよし)

能島村上水軍の総大将、村上武吉から取った名前だそうだけど
「武蔵」など東京の有名店で修行してきたという方が
今治に戻ってきて、東京仕込みのラーメンを食わせてくれるというお店。
でも、単なる「よそ行きの服を着た」ラーメン屋ではなく
この屋号からも分るとおり、地域を大事にする姿勢というのが、あちこちに感じられる
大将のお人柄さながらに、好感を持てるお店だった(^^)

住所 今治市南大門町1−6−21
TEL 0898−31−7133
営業時間 11:00〜14:00/17:00〜20:00
定休日 水曜





あっさり味のラーメン

最初は、「こってり」にしようかと思ってたんだけど
「つけ麺」も同時に頼んだら、
つけ麺のスープとこってり味は同じスープだからと言われ、
あっさりと、「あっさり味」に変更(爆)

ここも最初は、新居浜の「純」と同じく
なかなか東京の味が浮け受け入れてもらえず、苦労したそうだ。
これは、今治の味を、あえて意識して作ったというラーメン。
こってりも、あっさりも、基本「醤油とんこつ」だが、
こちらの醤油には、地元(ご近所)の醤油を使ってるそう。
上品な甘みのある醤油で、いいね。
スープは、実にまろやか♪
元ダシが完璧に取られている。いい仕事。
久しぶりに、「上等な」中華そばを食ったような気がした(^^)

麺は、極太ストレートの特注麺。
麺は、どのラーメンも一緒らしいが、強いて言えば
スープによって麺も使い分けられたらベストでしょう(^^)
チャーシューも美味かった。

全体に、シンプルながら力強さを感じたラーメン。
値段も、この味なら安い。
たぶん採算ギリギリじゃないかな?
でも、根っからラーメンが好きそうなご亭主。。
これからも、この姿勢でがんばって美味いラーメンを作ってください(^^)

ブログやってるんですが、お店の写真撮らせてもらっていいですか?と聞くと
いい宣伝になるので、どうぞどうぞというお返事(^^)
でも最初に店に来た時から、「まつやま麺道楽」の人だと分ってたらしく(汗)
話は早かったね(爆)
ワンコを乗せたオープンカーだから、どこへ行っても目立つし、
知ってる人には、すぐにバレる(^^;)
これほど、「身元の確かな」怪しい人はいないかもね〜(大笑)

続いて、「つけ麺」
こちらは、そのまんま「東京の味」だそうだ。
こってり醤油とんこつのツケダレが最高♪
特注の太麺も、このつけ麺にはよく似合う。

いや〜、これはハマル味だよ(^^)
大将に、これは人気あるでしょ?と聞くと、
う〜ん、人それぞれみたいですね。。とやや淋しいお答え。
やっぱり、この東京元味は、こちらの人間には抵抗あるのかな?

このタレは、最後にスープを足して、「スープ割り」で楽しむことも出来る。
いいスープだよ。

創業平成二十年と書かれた暖簾も、意気込みを感じさせるし
大将のお人柄からも、これからが楽しみなお店。
がんばって欲しいね(^^)

秋も深まり
すっかり色づいて見事な景観を見せる
今治市民自慢の「けやき並木」

杜の都仙台を髣髴とさせる
しっとりとしたムード満点な通りを見納めに、
いまばりからグッバイです(^^)