つるつるツーリング
〜いまばり麺道楽 V〜 @
カネト食堂
明治25年ぐらいから続いていて、今は4代目が営んでいるという
今治切っての老舗食堂
昔の風情を今に残す、その木造2階建ての建物も
そのまま、映画のロケ地になりそうなほど。
実に雰囲気があります(^^)

住所 今治市室屋町1−2−16
TEL 0898−22−1997
営業時間 8:00〜19:00
定休日 水曜


店内に入ると、さらにレテロ度はアップ!
時々、ジャズ・ライブも開かれるという話も聞いたけど、
なろほど〜と思わせる、ある意味メッチャオサレなお店です(^^)

懐かしいメニューが、これでもか!と並ぶお品書きも
見てると、ぜ〜んぶ食べたくなりましたね〜(^^)

中華そばを待ってる間に
おいなりさん♪

甘く、しっかりした
今治らしい味付けで、美味しく頂きました。


噂の中華そば

うどんスープに、そのまま中華麺が入ったような中華そば。
中華系のメニューは、これだけだったし、
逆に、うどんメニューはかなり豊富だったので、
たぶん、そのうどんのだし汁を、ほぼそのまま使っているような気がした。
この「中華そば」だけのために、わざわざスープを別に取ってるとは思えないしね。

よって、あまりインパクトのある中華そばではなかった。
麺も、そうとうに柔らかく、ふにゃふにゃに近いし(^^;)
正直、あまり好みの「麺」ではなかったね。

ここは、中華そばよりも
むしろ、一般的なレトロメニュー、例えばオムライスとかカレーライスとか
そういう料理を食べてみたいと思ったお店だ。
次回来た時は、「麺道楽」とは関係なく、一般のメニューにトライするつもり(^^)

ひょっと気がつくと、店内にワンコが!
トイプードルのラムくん♪
ランちゃんとご対面させようかと思ったけど、
お店の人が忙しそうだったので、
あきらめました(^^;)

次回は、ご挨拶するね〜(*^^)v
お店の前で
おとなしく待っていた?
ランちゃん

実は、途中で、
郵便配達のおじさんがやって来て。。
ワンワンと吠えてしまったのでした(>_<)
仕方ないよね。。天敵だから(爆)
ひら家
宇多津の名店「おか泉」で修行してきたという
若大将の店があると聞き、
それはぜひ行ってみなければ!
とずっ〜と狙っていた店に、やっと来ることが出来ました。
今回の、紛れもなくメインターゲットです(^^)

住所 今治市旭町2−1−7
TEL 0898−33−0554
営業時間 11:00〜15:00
定休日 月曜


昼時には、いつも満杯だという店内も、
開店早々に訪ねたので、余裕で座れました(^^)

店内は、小ぎれいな一般店といった感じで、
お約束の「おでん」や「おにぎり」なども♪
あったかい系もありますが
「おか泉」自体が、冷たいうどん中心の店なので
ここのお品書きも、
当然、冷たい系が主体です(^^)
「冷天おろし」
言わずと知れた「おか泉」の看板メニュー

まず麺だけど、おか泉よりも、かなり優しい感じ。
おか泉は、もっと硬質な感じのするUDON、
言い換えれば、コシの強さを直に感じるキレのあるUDONだったけど、
ここのは、エヒメに合わせたのかな?
キレよりも、モチモチ感の強いUDON。

天ぷらとの組み合わせから言えば、
ワタシ的には、「おか泉」の方が好きかな?

かけダレも、やや甘め。
もちろん上等なおつゆではあるんだけど、
これも、エヒメ特に今治に合わせたお味かな?という気はした。

むしろ、本店よりも美味いかも?と思ったのが、
天ぷら!
サクサク&ジューシーで、文句なしに美味い!
目の前で揚げてくれてた若い男の子にも、そう言って褒めておいたよ(^^)



通りがかったおばちゃんにも、かわいがられて♪
ご機嫌に待っていたランちゃんです(^^)


今治のさぬき系のUDONでは
越乃家、ひら家、かま福、政家と行ったけど
一番新しく出来た「越乃家」が、いちばんさぬきらしい麺だった気がする。
その土地に根付いて、長年商売をしてると、
やはりだんだんとその土地の味になっていくようだね。
松山だって、半年くらいで味が変わっちゃうとこもあるし(^^;)
これは仕方のないことというか、ある意味当然のことだろうとは思う。

本場の味が味わいたければ。。
やはり「本場」へ行けということだな(爆)