つるつるツーリング
〜八幡浜ちゃんぽん〜



愛媛のご当地ラーメンといえば、
八幡浜の「ちゃんぽん」が有名です。
といっても、まだまだマイナーな存在で
かくいうワタシも初めて食べに行きましたが(^^;)

高知の「鍋焼きラーメン」のように
町おこしに繋がるブームになるものなのかどうか。。
確かめてまいりましたよ(^^)


ロンドン
八幡浜市の中心市街地の
アーケード商店街の中にある
老舗の大衆食堂です。


テレビの取材も入ったりして
けっこう有名な店ですが
中は、いたって簡素。
昔ながらの食堂といった雰囲気です♪

ランちゃんは、お店の前で留守番ですが
商店街のおじさんたちに撫でられて
ご機嫌にしてました(^^)


長崎ちゃんぽんとの違いは
白く濁った白湯(パイタン)スープではなく
鶏がらベースに醤油の澄んだスープであること。

具沢山であることと
麺が柔らかめであることを除いたら
いわゆる「昔の中華そば」といった味です。

具の量は、想像していたよりも少なめでしたが
スープの味は、アッサリしていて、実に旨かったです♪
中華料理のちゃんぽんよりも、ずいぶんと優しい
ニッポンのちゃんぽんという感じですかね(^^)


ちゃんぽん亭 イーグル
商店街から脇道へ少し入った所にある
老舗のちゃんぽん専門店

戦後間もなく始まった「八幡浜ちゃんぽん」
そのルーツとなったお店の一軒と言われています。



こちらも、こじんまりとした
アットホームな雰囲気のお店です(^^)



ロンドンに比べると
ピュアな部分では、やや落ちるかな?という印象。
やや胡椒がかった刺激があって、
味も、やや濃い目。

場所柄、飲んだ後に食べるお客が多いので
そうなってるのではないか?想像しましたが
これはこれで、おいしいちゃんぽんでした。

ロンドンは、家族向け。
イーグルは、飲んだ後の一杯、と考えればいいかも(^^)


2軒食べて思ったのは
「八幡浜ちゃんぽん」というのは、具沢山の中華そば。
昔ながらの、という言葉を付け足してもいいですが。。
これはこれで、美味しいけれど、
名物とするまでのインパクトは
「土鍋」で出てくる「須崎の鍋焼きラーメン」と比べると、ちょっと弱いかな?(^^;)

魚の町、八幡浜らしい「魚介系のスープ」もあわせたものにすれば
それはそれで、特徴は出るけど。。
地元の人に受け入れられるかどうかは微妙。。
地元のお客さんあっての「ご当地ラーメン」だからね(^^;)
「名物に旨いものなし」になったんでは、元も子もない(爆)

ということで、爆発的なブームにはなりそうもないけど
こういった昔ながらの雰囲気を保ったお店が
控えめにも、これからも元気に続いてくれることは
嬉しいことだと思うね(^^)