つるつるツーリング
〜さぬきUDON遍路 G & 蕎麦道楽〜
十割そば まちだ
UDON遍路の最後は、蕎麦で〆くくることに♪

オープンカー仲間の前ちゃんに教えてもらった
十割蕎麦の店

観音寺市中田井町689-3
TEL 0875-27-9683
営業時間  11:00〜20:00
定休日  月曜(祝日の場合は翌日)


築75年とかいう古い民家のお座敷が
そのままお店になってます。

入り口を入ってすぐの「土間」にも
テーブル席があります。
こういった落ち着いた雰囲気で
蕎麦をすするのもいいですね。

UDON遍路の疲れを癒すのにも
最適な店でした(^^)
ここは、
蕎麦打ち体験もできるそうです。
自分で打った蕎麦をすするのも
楽しいかもね(^^)
お品書きの一部

この「発芽そば」というのを
一度食べてみたいね。。
鴨南蛮もお薦めの一品とか!

とりあえず、今回は
更科・挽きぐるみ・田舎そばと盛られた
三種そばを頂くことに♪


右側の黒っぽいのが
外皮も一緒に挽き込んだ、風味がいちばん際立つ「田舎蕎麦」

真ん中が
外皮(穀)を取り除いた「丸抜き」を、甘皮もろとも挽き込んだ
「挽きぐるみ」と呼ばれる蕎麦で
風味と食感のバランスが取れている一般的な蕎麦。

左側の白っぽい蕎麦は
製粉の段階で、いちばん最初に出てくる
「一番粉(そばの実の中心部にある胚乳が砕けたもの)」だけで打った
更科蕎麦と言われる贅沢なもの。
風味や香りは少ないが
のど越しバツグン!の上品な蕎麦(^^)

この細い蕎麦が、繋ぎを全く使わない十割蕎麦だとは
びっくり仰天!
ここまでの細く長い蕎麦を打つには
ずいぶん修行されたんでしょう。

十割蕎麦なので、風味は豊かだが
食感は二八蕎麦には、どうしても劣る。
それを覆すのは、更科そばののど越しだね。
よって、この三種のなかでは、更科蕎麦がバツグンに美味かった(^^)
もう最高の蕎麦だね!

蕎麦を食った後、
まだ若いご主人と長々とお話させていただいたが
言葉の端々に、屈託のない蕎麦への熱い情熱を感じた(^^)
なかでも、蕎麦を打つ水を、わざわざ徳島の山中まで
汲みに行ってるという話には驚いたよ。

まだまだ、これから進化し続けるだろう
ぜひとも、また訪ねたい注目の蕎麦屋だ。