つるつるツーリング
〜さぬきUDON遍路 D〜
さか枝



高松市中心部、香川県庁の裏手の路地を少し入った住宅地に
地元の人やビジネスマン・学生、出張族にも人気の高いという
典型的な「さぬきセルフ」のお店がありました。

早朝6時から開いてるのも、嬉しいお店ですね(^^)


基本のメニュは、これだけですが
普通は、これで十分(^^)



かけうどんの小に
かき揚げをトッピング♪

このうどんが、
もし平均的な讃岐UDONだとしたら。。
それは、とんでもないレベルの高さですね!

つるつるシコシコの、のど越しの良いコシのある麺
そしてダシの風味が生きているツユ。
こういうUDONを毎日普通に食べられるさぬき人は
シアワセです(^^)



パパは、高松のシュナ友達と待ち合わせて
一緒に食べていました。
アタチは、外で待ってる間も、おとなしくしてたので
いっぱい褒められたわよ(^^)


あたりや
UDON遍路では外せない「宮武ファミリー」のお店。
この店で、本家以外は、全部回ったことになりました(^^;)


以前は、パチンコ屋の敷地内にあるということで
その場所の意外性で話題になってましたが
そのパチンコ屋は、
今はフィットネス・クラブになっていました。

地下の駐車場におりる坂を下ると、
お店の駐車場に出られます。
最初、どこにあるのか分からず
ちょっと迷いました(^^;)
かなり期待して出かけたのですが
入り口に貼られた「注意書き」を見て
ちょっとがっくり(^^;)

店内に入っても
店の中は、貼り紙だらけ、、(爆)
そんなに神経質にならなくても、と思うのですが。。

うどんが旨い、まずいの前に
これは客商売として、どうなのか?
と思いましたね。
はっきり言って、感心しません。
ひやあつ(冷たい麺に熱いだし汁)

宮武ファミリーご用達の「藤原屋」のゲソ天

麺は、コシがあるというよりも、ただ固いだけという感じ。
だし汁は、ワタシにはイリコ味が濃すぎて、なおかつ辛い。
ゲソ天も、冷めた天ぷらとしか。。(^^;)

注意書きの多さにも閉口したが
肝心のうどんも期待はずれ。
「あたりや」ならぬ「はずれや」でした〜(爆)



三 徳
今回の「さぬきUDON遍路」最後の店。
満腹状態で食べたにもかかわらず
その美味さに、「お代わり」を注文したくなったほど
素晴しく美味いUDONを食べさせてくれました(^^)

最初に予定していた「中北」が
昨年の夏、ご主人が急逝されたということで、
現在も店が続いているかどうか、不明だったため
次回のためにと、とっておいたこの店を、予備的にプランに入れてたんですが。。

「中北」は、実際に行くと、やはり店を畳まれていました。
名物の「イワシのフライ」が食べたかったなぁ。。
ご主人のご冥福をお祈りいたします m(_ _)m


メニューも、トッピング類も豊富な
セルフのお店。

メニューのうどんの写真を
大きく貼り出していること以外は
特別に変わった所はない店なんですが。。


ぶっかけうどん+チクワ天
この麺のすばらしいこと!
上品で、なおかつ力強さのある極上麺です。
間違いなく、今まで食べたUDONのなかで
5本の指に入る美味さ♪

チクワ天も、揚げたてで、衣がきめ細かく、そしてサクサク!
実に美味い!
今回訪れた店で、もう一度来たいと思ったのは、この店だけ。
他が、不味いというわけじゃなく
遠く高松まで、そう何度も来れるわけじゃないから、
当然、数をあたりたい、しかし、それでももう一度来たいという意味です(^^)

歩き疲れて、なおかつ満腹状態での帰り道。。
強烈な睡魔との戦いでした(苦笑)
途中、何度もSAやPAで休憩して、
帰りは、行きの倍の時間がかかってしまいました(爆)
それでも、また来たい!
「さぬきUDON」の魅力は、まさに「恐るべし」!


〜今回の評価〜
三徳(S)→根っこ(A)→わら家(A)→さか枝(B)→かすが町市場(B)→あたりや(C)

(あくまで、個人的かつ主観的な評価です。それぞれのお店のファンの方には失礼いたします)