つるつるツーリング
〜徳島ラーメン紀行 A〜



徳島「道の駅ツーリング」にあわせて
「徳島ラーメン」のつるつるツーリングも楽しんできました♪

お天気は、快晴!
12月にしては、とても暖かく
途中、ランちゃんの服を逃がせたほど(^^)


春陽軒
人気ランキングで、常に上位に来る
徳島市内の有名店です。
運良く待たずに、すぐ座れましたが
ちょうどお昼時だったこともあり、狭い店内はお客さんでいっぱいでした。

徳島市南田宮4−4
TEL  088−632−9818

営業時間  11:00〜16:00(売り切れ終了)
定休日  月曜 (祝日の場合翌日)


「肉玉の大」を注文。
しかし、出てきたのは、大でも普通くらいの量でした。
徳島ラーメンは、地元では、飯のおかずとして扱われるそうで、
量は少なく、その分濃い味付けになってるようです。

いかにも「徳島ラーメン」といった茶黒いスープ。
「徳島ラーメン」の基本は、豚骨スープに醤油を加えたものらしいのですが
これは、味噌も加えてあったように思います。

麺は、これも「徳島ラーメン」の特徴で、柔らかめ。
甘辛く煮込んだ豚バラ肉のトッピングも、いかにもといったラーメンでした(^^)

スープは、さすがに、飯のおかずになるくらいなので
最後まで飲み干すタイプではありませんが
見た目よりも、さっぱりしていて旨かったです(^^)

典型的な「徳島ラーメン」を食べたな〜♪
という満足感に浸れました!(笑)

徳島市内は、渋滞が多く
けっして、気持ちのいいドライブとは
言えませんでしたが、

郊外へ出るにしたがい交通量も減り、
気持ちのいいドライブとなりました(^^)
R55を「吉野川」を越えて、
隣町の小松島市へ。

小松島は、
「徳島ラーメン発祥の地」と言われていて
名店が多いことでも知られています。
岡本中華

小松島ラーメンの代表的なお店
岡本中華へ行ってきました♪

徳島では、ラーメンとは言わず
中華そばという表現の看板が多いです。
大衆食堂の「中華そば」を、そのルーツに発展してきたという「徳島ラーメン」
そういうところにも、らしさがありますね(^^)

小松島市中田町奥林60−1
TEL  08853−2−0653
営業時間  11:00〜20:00
定休日  木曜





ここでは、「肉玉の小」を注文。

小松島のラーメンは
徳島ラーメン的な黒っぽいスープではなく
白濁した豚骨系スープをベースに、塩味をきかせた
「支那そば」と言われる系列のラーメンなんだそうです。

このお店も、そういったスープで
見た目のような豚骨系のコッテリした味ではなく
すごくあっさりとして、ほのかに甘みのあるスープ。
とても美味しかったです(^^)

麺は中太麺で、やはり柔らかめ。
トッピングの肉は、豚バラ肉ではなく
モモ肉を使った、やや固めのチャーシューでした。

今回は、典型的な「徳島ラーメン」と
小松島系の「支那そば」を食べることが出来ました(^^)

麺の柔らかいところは
正直、あまり好みではないんですが。。

やはり、ラーメンはスープ!
けっして都会的な洗練された味ではないですが
ある意味泥臭いくらいの大衆的な味が
なんとも温かく懐かしい感じがして。。
また、食べに来たい!という気持ちにさせてくれました(^^)