つるつるツーリング
〜さぬきUDON遍路 A〜
PAGE 1
上杉食品
早朝6時に起きて
高速道をぶっ飛ばし(爆)
たどり着いたのが、ここ!

卸しを主体とした製麺所なので
早朝6時から8時までしか食べられないという「幻のうどん」!
玉が残っていれば、8時以降もOKだが、それは邪道というもの(爆)

お店の構えは
昔からある、町の雑貨屋さんといった趣で
製麺所にも見えやしない(爆)
看板も、取ってつけたような「幟」があるのみ。


しかし、店の奥には
製麺所と、小さな食堂が。
早朝から、朝飯ならぬ「朝うどん」をすすりに来る
地元の人たちでにぎわっていました(^^)

お店のおばあちゃんや
地元のおばちゃんたちとの会話も楽しい♪
創業明治40年!
現在のご主人は3代目とか。
昔ながらのていねいな仕事振りがうかがえる
製麺所の風景です(^^)




小の「あつ」を、「しょうゆ」でいただきました。

一言、こんな旨いうどんは食ったことがない!
まさにワタクシ的には、空前絶後の味わいでした。
まさに「至高のうどん」

打ちたて、湯がきたての
まるで、炊き立てのご飯をすすってるような感覚。
これなら、毎日食べたって、ゼッタイ飽きない。主食のようなうどん。

絶妙なコシの強さと柔らかさ。
のど元を通り過ぎるときの感触も最高!
まったり、つるん♪

このUDONを食わずして
「讃岐うどん」を語ってはいけない。。(爆)
ぜひ「早起き」して、行ってみてください!(笑)



橋村生麺所



こちらは、財田町にある「生」麺所!
ここは、11時〜13時のお昼時のみの営業
今度は早く着きすぎて、しばらく外で待ってました(笑)



三豊市役所のまん前にあるので
ここの職員さんの利用も多いことでしょう(^^)

ランちゃんも
お店が開くのを、楽しみに待ってます♪
看板が出ていた表は、入り口ではなく
食堂は、横手に少し回った場所にあります。

表が閉まってるからといって
勘違いしないように(爆)
テーブルが数席だけといった
素朴な店内
カウンターには、すでに「いなり寿司」が並んでいました。

おいしそうな「いなり」をのせて
「ひやかけ」 をいただきました(^^)

このお揚げが、なんとも旨い!
麺も、さすが製麺所
ほど良く固めなシコシコ感が
たまりませんでした♪

しかし、「ひや」に天かすをのせたのは
失敗でした(欲ばり爆)
ゲプッ、ご馳走様でした!

と。。お店の外で
恨めしげに待っているランちゃん(^^;)
ごめんね〜(>_<)



でも、お店のおばちゃんになでられて
ご機嫌復活のランちゃんでした(^^)